傷を隠すガラスコーティングについて

ガラスコーティングには、傷に関する効果があるのは明白です。それが気になっているので、コーティングを検討する車オーナーは本当に多いです。
そもそも車に対しては、多彩な脅威があるでしょう。雨水や汚れや飛び石など、色々な脅威がある事だけは間違いありません。
とりわけ3つ目の飛び石などを気にする方々は、とても多いです。飛び石は、車の本体に対して傷を付けてしまうのは明らかだからです。
ですが冒頭でも申し上げたガラスコーティングは、それを防いでくれる効果がある訳です。言ってみれば、車全体に対して防御膜を貼るようなイメージです。
ですからコーティングを施しておけば、車の見た目を維持する事は可能でしょう。

ただ1つ誤解されがちなのですが、ガラスコーティングは傷を消す訳ではありません。例えば飛び石によって、車の本体に多彩な傷が付いたとします。
それに対してガラスコーティングを行ったからといって、傷が消滅する訳ではありません。
コーティングが行うのは、あくまでも傷が付着するのを「予防」する訳です。傷自体が消える訳ではないので、注意を要します。とは言っても、やはり傷がつきづらくなるメリットは大きいです。
ですから多くのオーナーは、よくコーティングを行っている訳です。

ところでコーティングには、もう1つ意外な効果があります。本当に小さな傷であれば、見えなくする効果はあるのです。
ですから小さな傷が気になる時には、敢えてガラスコーティングを行ってみるのも一法と言えます。
どういう事かというと、例えば車に対して飛び石傷が付いているとします。当然飛び石の程度ですから、それほど大きな傷ではありません。
人によっては、コンパウンドなどでそれを補修している事もあるでしょう。
確かにコンパウンドも、1つのやり方ではあります。しかしその程度の傷ならば、ガラスコーティングで隠す事も可能です。

現に車オーナーによっては、車の本体に傷が付いたままの状態でコーティングを行っている事もあります。その結果どうなるかというと、傷は見えなくなるのです。
ただ誤解されがちですが、ガラスコーティングが傷を消滅してくれる訳では無いのです。それは上記でも触れた通りです。
そうではなく、光の加減の問題があります。そもそもガラスコーティングを行えば、車のツヤが少々高められるでしょう。
建物の床に対してワックスを塗れば、独特のツヤが生じる事になります。車に対しても、同じくツヤを出すことは可能なのです。

ところで車に対してツヤが生じれば、光を反射する事だけは明らかです。その光のまぶしさによって、軽微な傷ならば見えなくなるという仕組みになります。
傷自体が消滅した訳ではありません。
ですからガラスコーティングで傷を隠す事ができるか否かは、程度にも左右される傾向があります。さすがに明確に派手な傷が車体に残っている時には、少々難しいでしょう。
しかし飛び石程度の小さな傷であれば、ガラスコーティングでも十分に隠す事ができます。ですから「軽い傷なら隠せる」という点も、ガラスコーティングのメリットなのです。
それに加えて、傷を防止できる効果も大いに期待できるのです。何せ車に対する傷というのは、印象に関わってくる事だけは間違いありません。

多くの傷が車に残っていれば、印象が悪くなってしまう事も多いです。それをブロックできるという効果は、やはりガラスコーティングのメリットと言えるでしょう。
ただし傷を防げるとは言っても、車の洗い方などには注意を要します。あまり強い力を加えて車を洗ってしまいますと、ガラスコーティングが取れてしまう可能性もあるからです。
コーティングを施した後は、丁寧に洗浄するのが望ましいでしょう。鳥フンがボンネットに!クルマ好きでなくとも失望と怒りが交差する瞬間ですが、慌てて雑巾やスポンジで擦らないようにしましょう。
鳥フンには、沢山の砂や石が含まれているため、そのまま擦ると100%傷だらけになってしまいます。しかし、放置しておくと強い酸性のために、塗装がその部分から薄く、最悪の場合は剥げていってしまします。

まず、鳥フンを見つけたら、ホースが使えるのであればホースをボンネットに固定して、数分間、沢山の水をかけてふやかしていきます。

ホースを用意するのが不可能な場合、雑巾をぬるま湯にしっかりひたして、鳥フンの上に置いて放置。次に、鳥フンをどけるのですが、
ここで雑巾やスポンジなどの道具を使ってしまうとその硬さに気づかず、傷を付けてしまうので、手袋をした手などで、少しずつツマミながら取り除いていくのがオススメです。
とにかく、絶対にこすらないことです。

よく素手でホコリの上からゴシゴシこすっている人を見かけますが、細かな無数の傷が入っています。
その傷はコーティング層をはがしているので、コーティングの効果効能は皆無と言えるでしょう。

せっかく高いお金を払ってしているボディコーティングですからむやみにこすらないようにしましょうね!!

愛車への愛があれば素手で行ってしまっても良いかもしれませんが精神的ダメージに関しての保証はいたしかねます。

 

http://www.pro-iic.com/kagayaku/sensya.php

PR|カーオーディオ|カーセキュリティ|カーフィルム|