ガラスコーティングの取り扱いについて

ガラスコーティングの取り扱いについて

ボディがテカテカに光っている車を見かけると、新車のようだと車を乗っている人なら想像するところでしょう。
光り輝いて見えるようになっているのは、ガラスコーティングが施されているからです。
昔はカーワックスで車をテカテカの状態に仕上げることが出来ましたが、水に触れると割と簡単に取れてしまうことも多く、お手入れに手間がかかっていました。
一方、ガラスコーティングはカーワックスよりも優秀で、水に濡れても取れてしまう心配が少なくなっています。いつまでもテカテカに光り輝く車に乗れる魅力を持っているのが、この方法を利用するメリットです。

ガラスコーティングには他にも、車に傷がつきにくくなるという効果があります。車に細かな傷がついてしまい、光沢感が失われるのを防ぐにも活躍するというわけです。
コーティングを施した後に、長期的にその効果が持続するのも優れています。頻繁にメンテナンスをせずとも、綺麗な艶のある車が維持できるのが嬉しい部分だといえるでしょう。
ですが、ガラスコーティングをやれば、殆どお手入れをしなくても良いと考える人は少なくありません。
これは誤りですので、考えを改めるようにしましょう。水に濡れても取れにくいという効果を持っていますが、汚れがまったく付着しないということではありません。
意外にも水の汚れがつきやすいコーティングですので、お手入れとして定期的に洗車することをおすすめします。放置していると、水垢のようなシミがたくさんついてしまうようになります。

シミを避けるためには、洗車した後に、水分をきちんと取り除くことも必要です。水分が残った状態がシミを作り出すからです。問題となるのが、コーディング剤が劣化してきたときです。
経年劣化が少ないガラスコーティングではあるものの、永遠に効果が続くわけではなく、使っているうちに徐々に性能が落ちてきます。
短いものなら1年くらいで長く持っても10年くらいですが、5年程度を目安にしたいところです。
劣化してくると、水を弾く力が弱まり、そのまま車の表面に留まってしまいます。コーティング剤と結びつくことによって、水垢のようなシミがたくさんつくことになります。
特に黒に近い車ほど水のシミがとても目立つようになりますから、せっかくのガラスコーティングの効果が得られなくなります。
これを避けるためにも1~2ヶ月程度の一定周期で洗車をして、綺麗な状態を維持することに努めるのがおすすめです。
もちろん、コーティングが劣化してきたなら、再びガラスコーティングを施す計画を立てなければなりません。難しい技術ですので、専門の業者さんに任せるのが良いでしょう。

ちなみにカー用品売り場にガラスの成分が配合されたスプレーなどが売られていますが、これはガラスコーティングとは違う存在です。
格安にできるからと使用しても、実際には違うコーティングの種類になりますから、思ったような効果が得られないことが多くあります。
専門の業者さんに依頼すると、安くても5万円くらい、10万円前後になることも少なくありません。
比較的高価な作業になりますので、それまでに貯金をしておいたり、ローンを利用するなど、事前に費用の準備を整えておきましょう。
また、依頼すると1日では終わらないこともしばしばあります。コーティング剤がしっかりと固まって定着するまでに時間がかかりますから、数日間は車を使えなくなります。
しかし、中には代車を提供してくれるところもありますので、このような業者さんを選べば困ることはないでしょう。
いろいろなメリット、デメリットがあるガラスコーティングですが、傷がつきにくくなる、洗車が楽になるというのが、他のコーティングにはない優れたポイントです。
車に強いこだわりと愛着がある人なら、積極的に試してみましょう。
車の洗車は流水を使いましょう。車を洗車すると考えたら普通はタオルがいいのか、それともスポンジがいいのか考えますが、もちろんそれも大事ですが、一番大事なことはバケツなどに水をためた状態で洗車するのではなく、できればホースで流水をたっぷりと流しながらおこなうことです。

基本はもちろんボディの上からまずは汚れを洗い流すという感覚で水を流します。これで少しのほこりや洗車を邪魔する小さなゴミなどは落ちてくれます。
そこからが本当の洗車のスタートなのです。いったんゴミが落ちてくれたらスポンジでもタオルでもいいので、流水を利用しながらボディ表面の汚れをふき取るように洗っていきます。

このようにしていけばボディにキズをつけることなく、キレイに洗うことができるのです。あとは乾いたクロスでふき取ることになりますが、このときに乾いているからといって荒いクロスでふき取ることに注意しましょう。
そうすればふき取りムラや小さなキズを避けましょう。洗車グッツを通販で購入し自分で定期的に行うとよいです。

PR|洗車コーティングならアルミのコーティングは必要か